Takemoについて



プロフィール

 

2015年7月設立









 国内登山用寝袋メーカーにて30年勤務。
2014年に退職し、それまでの生産管理の経験、

特に中国工場での寝袋製造の経験を活かし、

自らのブランドでこだわりの物造りをする。


本物と呼べる良いものをより安く!

寝袋・シュラフのプロが極秘で教える『失敗しない選び方・使い方』

 

Takemoの寝袋も紹介していただいています。

 

 

 

 

http://yama-gear.com/

 山と道具を愛する山GEAR研究所です。
ここは山道具・登山装備・ウェアなどの評価検証サイトです

Takemoの寝袋も紹介していただいています。


会社情報

 

社名

 Takemo (タケモ)  個人事業

 

所在地

648-0095 和歌山県橋本市橋谷921ー14

 

倉庫

649-7210 和歌山県橋本市高野口町応其113-1

 

設立年月日

2015年7月3日

 

代表者

武本幸司

 

事業内容

登山用寝袋のインターネット販売

 


ポリシー

本物と呼べる良いものをより安く!

 

昨今の登山用品は素材、機能の進化それに掛かる宣伝費などにより益々、高価格になっています。

Takemoでは登山用寝袋として最低限ではなく、必要十分以上の素材と品質、構造にこだわりながら、インターネット販売に限定することで徹底的にコストを削減し低価格を実現しました。

個人事業ではありますが大手企業に負けない最高品質の寝袋をお届けいたします。

 

ポイントになるのは

素材  軽くて強い素材にこだわりました。

 

構造  寝袋が温かく快適に使用できるよう工夫しています。

 

③縫製技術  Takemoでは信頼のできる中国の縫製工場と契約しています。

中国製は粗悪との悪いイメージがありますが、きっちりと管理された中国の縫製工場の技術は非常に高く

特に寝袋を縫製する技術は私の経験上、日本よりも高いと言えます。

 

本当の意味で信頼感のある良いものが、安く提供できる環境がTakemoには整っています。